細胞凍結保存の再生率、70~80%は当たり前!90%も夢じゃない‼アルミラックで解決出来るSOLTECHピッタリラック‼

細胞冷凍保存に於ける保管温度の誤認識、表示温度に疑問有り‼   

……………..研究者の皆様へ………..….弊社は長年細胞冷凍保存に関して研究者の方と共に疑問の解決から真実の解明にまい進して来ました、ところが御高名の先生方でもBIOBANK管理者でも間違った認識で貴重な細胞を無駄にしているケースが多々ある事が現実でした。これから発展する研究分野の基礎に間違いがあれば大きく遅れることは必至です、弊社の開発した技術、ノウハウが役立れば幸いです。お手伝い頂いた先生には世界基準にするべきレベルと言われました。詳しくは下記をお読みいただき参考にして下さい。

1⃣基本理論と従来品との違い  2⃣縦型フリザー用アルミ貯蔵ラック 3⃣  横型フリザー用アルミ貯蔵ラック    4⃣ SOLTECH製フリーザー各種 5⃣ 超精密保管用吊り下げ型ラック 6⃣  簡易保管温度測定サービス 7⃣ TEフラストシステムによる多点連続保管温度記録測定装置

  1⃣従来品では扉の開閉時に白い冷気が大量に流れ出し代わりに温度差100℃の湿った空気が流入し保管品に影響を与えます、しかも収納量を多くするため隙間なく詰め込み主婦でも冷蔵庫の詰めすぎは冷えなくなる事を知っています、冷気はアルミ材では無く空気で伝達されます、弊社製品は前面は隙間無く、庫内では冷気が通る隙間を作り、庫内温度を安定させています。そして庫内に霜、氷が積もると冷気を遮断し表示温度と実際の保管温度に温度差を生じ最大20℃になる事もあります。細胞冷凍保存の盲点は保管中の温度安定です、液体窒素保管で気相式も液相式も‐190度の保管温度ですが気相式はサンプルの出し入れ時20~30℃の温度上昇が否めず液相式が有力ですが、これは保管温度の安定度が問題と思われます、-80℃フリーザーでも同様で、表示温度は開閉後も変化なく庫内も前後、上下で誤差があり公的の温度測定にも不審を抱かざる得ませんしかし弊社製品はどこのメーカーでも±3℃をkeepするように(フリーザーの性能にもよります)各種揃えて対応しています。                             *現状細胞再生率の高い場所を調査した結果、フリーザーの温度変化の少ない奥の壁際(表示センサー位置)の再生効率が良く扉付近は壊滅状況でした、この事から冷凍保管中の温度安定は必至です、また凍結、解凍の技術も重要であると思われます。

2⃣ 縦型フリーザー用貯蔵ラック(サイドパッキン付き)           1、棚板別装着タイプ・・・棚板に載せる従来方式               2、内扉別装着タイプ・・・棚板を外し自由なレイアウト                         フロント面各種タイプ                              A・ノーマルタイプ・・・アルミのカバー型(写真右)                B・テフロンシートタイプ・・・霜の掃除を簡単に                C・テフロン断熱材タイプ・・・更に庫内温度を安定化                D・テフロン断熱材枠付タイプ・・・密閉度・保温性UP                 *アルミラックのサイズはフリーザー、前面装着タイプ、保管容器により最大の容量で作成致します。他に右上ラックの取り出しを楽にした横出型、プレート収納型も用意してあります。

Aタイプ
Bタイプ
Cタイプ
Dタイプ

 

 

各種タイプの引出ラックを用途に合わせフリーザーサイズにピッタリ製作し微々の隙間をサイドパッドで封じ庫内冷気の流出を防ぎます。

二段三列 6ラック奥行450㎜(取手型・サイドパッド付)¥36.000.-   二段四列 8ラック奥行450㎜(取手型・サイドパッド付)¥48.000.- (ノーマルタイプ・高さ、横幅はフリーザー庫内サイズに準ずる)

3⃣横型冷凍庫用貯蔵ラック                         重要情報 横型冷凍庫の寿命はなぜ長いのか?本当に安全に保管出来ているのか?答えは以下の通りです。霜氷が上下に溜まり始めると冷却容量が減り冷凍機に負担が掛からず運転出来るからです。しかし保管温度を維持しているのは表示温度センサー位置の庫内側面だけで上下中心では10~30℃上昇しています。(温度表示は変化無し)              *弊社製品の特徴と氷霜の対策                   サイズはフリーザーに合わせて制作致します、フリーズボックスの底面に冷気が入るように隙間を作り、箱が飛び出ないようストッパーもついています、霜氷対策として専用枠の装着システムもご用意しています。

 

 

 

三段式貯蔵ラック 定価10.000.-  五段式貯蔵ラック 定価11.000.- 七段式貯蔵ラック   定価12.000.- 十段式貯蔵ラック 定価13.500.-       (上記A型ノーマルタイプ)                   収納箱の高さに関わらず段数での価格です。霜氷対策用専用枠はフリーザー寸法とラック数を確認の上お見積り致します。

4⃣・・・・フラストシステム装着タイプ・・・・・・・・・・・       A,フラストシステム・ディープフリーザー (-80℃)      世界一長寿の超低温フリーザー保障期間8年)           (現在14年連続運転継続中)                    B,フラストスリムフリーザー -50℃ 横幅500㎜           C,フラストフリーザー -30℃ 500L                フラストラックで氷が着かない‼ 温度安定度抜群            D,フラストフリーザー -30℃ 300L

A
B
C

               ・・5⃣横型用アンプルケーン吊り下げタイプ(精密保管用)・・・    設定温度と保管温度-80℃でも温度差±1℃で保管出来ます。

 

 

横型フリーザーにファンが着いたカバーを装着しアンプルケーンを吊り下げ庫内攪拌ファンで温度を安定させます。

・・6⃣簡易温度測定サービスMAX-90℃・・・

データーロガーをフリーザーに入れるだけで0.1℃単位、96時間、1分刻み、多点(4~8点)測定が¥30.000~¥38.000で保管試料の本当の温度状態が確認できます。

サンプル保管状態の温度測定

デジタル表示のセンサーは奥の下に有り庫内は前後、上下で温度誤差があり当然奥下が一番冷えています。しかもサンプルの保管時と同じ状態で測定しています。

・・・・・7⃣TEフラスト計測システム・・・・・・・        弊社のフラストフリーザーであるからこそ可能な通常使用中の多点測定(4~40点)一年365日数年に渡り連続して庫内温度を記録測定する事ができます。

 

株)ソルテック ☎045-783-7225 FAX045-783-7293

メールアドレス soltech@soltech.jp

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です